バラ「丹頂」の成長記録|その4 芽吹きと薬剤散布 2018年4月

スポンサーリンク
成長記録

春先の様子 新しい葉が芽吹いた

4月になり、すっかり暖かくなって色んな植物が芽吹きまくっています。

その中でも一段と旺盛なのがバラ。

2月に剪定をして枝だけになっていたのが…

 

現在はこんな感じに。沢山の葉が出てきました。

新しい葉は水分が多くつやつやしています。

 

 

 

よく見るとつぼみも出てきています。結構早い時期に咲きそうです。

 

 

全体を見てみると古い枝の元の方からは新芽が出ず、その先の去年伸びた部分から新芽が出ています。

古い枝を長く残していくと、花が咲く部分がどんどん外に広がっていって木が巨大化していくような気がします。

この枝の出方を踏まえて来年以降も剪定していかないといけませんね。

 

 

春先に気をつけたいこと

暖かくなってくると出てくるのが病害虫です。

このバラの品種は「丹頂」という品種でわりかし強いのですが、病気は無いに越したことはないので何点か気を付けていることがあります。

それは、①薬剤散布 ②雨除けと土の表面の掃除 です。

 

①薬剤散布

薬剤は暖かい時期は2か月に1回くらい定期的に散布しています。

冬は病害虫もおとなしいのでやってもやらなくてもいい感じです。

食べるものだと農薬とか気にしようかなとか思うのですが食べないので気にせず散布します。

今回散布したのはこちら。ベニカXスーパーファインのバラのやつです。

 

 

 

葉の表裏と幹にしゅっしゅとかけております。

薬剤なので、散布する際には手袋をかけるなりしています。

 

②雨除けと土の表面の掃除

こちらは病気予防です。

雨が続くと病原菌(カビとか)が沸きやすくなりますので鉢植えの場合は可能な限り雨が当たらない場所に移動しています。

また、土の表面に枯れた葉っぱや花びらが溜まった状態だと雨で水と一緒に汚れや雑菌が地面から跳ねて病気の原因になるようです。

気が付いたときにマメに掃除するようにしています。

 

番外 剪定時に癒合剤を塗る

これは今年失敗したなーと思ったことなのですが、剪定で株の根元から枝を切り落とした部分からなにやらぬるぬるしたものが発生しました。

剪定時に癒合剤(トップジンMなど)を塗らなかったので雑菌が出たのではないかと思います。

はさみが汚かったのもいけない気がします。

現在は塞がっておりぬめぬめも出ていないので一安心ですが、やはり塗るべきだったなあと思います。

 

現在8号鉢。春の花後に10号鉢に植え替えるか迷うところです。

バラの成長のためには必要だと思いますがスペースがない…

 

今回はここまでです。次回に続きます。

バラ「丹頂」の成長記録|その5 1年のまとめ 2018年~2019年春
気づいてみれば一年ぶりの更新となりました。 ひとつ前の記事が丁度1年前の春ごろの記事でしたので、それ以降の1年の成長を写真とともに綴ってゆきます。 バラの品種は「丹頂」 1986年京成バラ園の作出。四季咲きの木立性...

 

 

 

ブログ内の丹頂の記事

バラ「丹頂」の成長記録|その7 1年のまとめ 2019秋~2020春
バラ「丹頂」の成長記録|その6 春バラ咲く 2019年春
バラ「丹頂」の成長記録|その5 1年のまとめ 2018年~2019年春
バラ「丹頂」の成長記録|その4 芽吹きと薬剤散布 2018年4月
バラ「丹頂」の成長記録|その3 冬の剪定 2018年2月
バラ「丹頂」の成長記録|その2 薬剤散布 2017年10月
バラ「丹頂」の成長記録|その1 秋バラ咲く 2017秋

コメント

タイトルとURLをコピーしました