ラナンキュラス育成日記|その2 球根の吸水と植え付け

スポンサーリンク
成長記録

今年春に開花株を購入し、初夏に球根を採取したラナンキュラスの成長を綴ります。

育成記録

2020/10/21 球根の吸水開始

秋も深まってまいりましたのでそろそろ球根の植え付けの季節です。

今回は春に採取したラナンキュラスの球根を植え付けていこうと思います。

こちらが春に採取したラナンキュラスの球根です。

 

夏の間は室内の風通しの良いところに吊るし、乾燥させて保存していたところこうなりました。

もうなんかすごいカッスカスですが大丈夫でしょうか。

植え付けにあたり、まずはこちらに吸水をさせていこうと思います。

 

ラナンキュラスの球根は一気に水を吸わせると腐ってしまうので、湿らせたキッチンペーパーに包んでゆっくりと吸水させていきます。

 

キッチンペーパーに包んだら、ジッパーバッグに入れて室内の直射日光に当たらない場所に置いておきます。

 

2020/10/27 球根が膨らんだ…

ジッパーバッグに入れて数日後、中を見てみると球根は掘り上げたときと同じくらいに膨らんでいました。

正直こんなに膨らむとは思っていませんでした

袋に入れて4日くらいですっかり膨らんで、その後も入れっぱなしにしていたら大きさは変化せずカビが生えかけたので水で戻す作業は4日くらいかければいいようです

触ってみたら分割できそうでしたので分割してみました。

 

球根はプランターに植え付け、控えめに水やりをしながら様子を見ます。

果たして無事に芽は出てくるんでしょうか。

 

2020/11/11 芽が出てきた!

植え付けから2週間あまり、プランターを見てみるとしっかりとラナンキュラスの芽が出てきていました。

小さいですが確かにラナンキュラスの葉のようです。

 

横から見るとこんな感じ。元気が良いですね。

 

すくすくと育って無事に花を咲かせてほしいものです。

今回はここまでです。次回に続きます。

 

ラナンキュラス成長日記の記事一覧

ハオルチアの養液栽培(水耕栽培)実験まとめ ※随時更新中

コメント

タイトルとURLをコピーしました