グリーノビア オーレア 成長記録【随時更新中】

スポンサーリンク
多肉植物

お店ではあまり見かけない多肉植物「グリーノビア オーレア」をお迎えしましたので成長を綴ります。

 

成長記録

2020/7/16 苗のお迎え

梅雨真っただ中の夏の日、少し変わった多肉植物を入手しました。

名前は「グリーノビア オーレア」。「酒盃」という和名の札も同封されてきました。

中心部からロゼット状に葉が出ており、咲きかけのバラのようです。

 

横から見た図はこちら。まるでおちょこで、酒盃という名前もなるほどといった感じです。

葉の下の部分に数ミリの短い茎があり、その下はすぐ根っこになっています。

 

葉どうしはぴったりとくっついており、薄めです。

表面には白い粉がついていて水をはじきます。葉の上に水がたまった様子はまさに酒盃といった感じ。

 

多肉植物用の土に少々ヤシガラを混ぜた水はけ良さげな土に植えこみました。

生育環境が合っていればこれから根を伸ばし成長してくれると思います。子株なんかも期待できるかと。

 

しばらくは室内の植物用蛍光灯の下で管理していきたいと思います。

 

2021/3/11 バラ状になってきた

夏から秋にかけてすっかり記録を忘れておりました。

冬が明けましてこんな姿になりました。アレ君こんなんだっけ?

 

おちょこのような形をしていたのに葉がずんずん広がりまして、バラのようになりました。

見た感じエケベリアのようです。

ちなみに葉のふちの茶色の部分は葉焼けさせてしまったものです…

 

縦にも少々長くなってきましたね。

2021/6/9 中央が突き出てきた

さらに3か月後。

葉はさらに外側に綺麗に広がり、中央部が盛り上がってきました。

 

中央部がやけに立体的です。

おちょこ型だったころと比べると葉に厚みがあります。

 

中央部は白みがかっておりグラデーションが美しいです。

 

謎な進化を遂げてきましたが今後どうなるんでしょうか。

変化がありましたら更新します。

 

グリーノビア オーレアとは

グリーノビアとは、ベンケイソウ科アエオニウム属に属する多肉植物の一種です。

アエオニウム属というと、黒法師あたりが有名ですね。

ロゼット状に薄めの葉が出るあたりがグリーノビアとなんとなく似ています。

参照:pixabay

 

Wikipediaによると、原産はカナリー諸島。

ロゼット状の葉の塊をいくつも出し群生します。

 

茎を伸ばして黄色の花が咲いたりもするようです。

参照:Aeonium aureum

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました