種からライム栽培しようと思ったらライムに種がなかった~遺伝子の三倍体のはなし~

スポンサーリンク
成長記録

種から植物を栽培することにひそかに情熱を燃やしている管理人です。

この度、ライムの栽培に挑戦してみようと思い立ち近所のスーパーでライムを買ってきたのですが、なんと種がありませんでした

これをきっかけに植物の三倍体についていろいろと調べてみたのでまとめていきます。

ライムの生態

まず、ライムという植物について簡単に書いていきます。

ライムとは、レモンに似た形の実をつける果樹です。

実の大きさは4センチくらいのものから8センチくらいのものまで様々で、果皮が緑色の頃のほうが香りが強いため、緑色のものが主に初夏から流通しています。

香りや味はレモンのようなさわやかな柑橘系ですが、レモンよりも少々青臭い苦みを含んでいます。

柑橘系の中では比較的寒さに弱いためか輸入物が多く、国内での栽培はそんなに盛んではないように思います。

しかし、品種によっては耐寒性のあるものもあるので日本での栽培が不可能であるということはありません。

種がある品種と無い品種があります。

種なしライムの正体とは

今回管理人がスーパーで買ってきたライムはこちら。

実の大きさはおよそ6センチくらいのものです。

冒頭で述べた通り、種が全くありません

 

どうやら、日本国内で主に出回るライム主に2種類あるようです。

それが、種がなくて実が大きい「タヒチライム」、種があって実が小さい「メキシカンライム」です。

近所のスーパー数軒を回ってみても種なしライムしかなかったので、タヒチライムがメインで流通しているのかもしれません。

 

ところでこのタヒチライムとはどのようなライムなのでしょうか。

苗木の販売サイトを見ると、タヒチライムは遺伝子が三倍体であると書かれています。

三倍体については次の章で解説しますが、一つの性質として「種ができない」というものがあります。

そして、その三倍体の植物は二倍体の遺伝子を持つ品種と四倍体の遺伝子を持つ個体の交雑によって生まれます。

つまり、タヒチライムは二倍体の品種と四倍体の品種の交配種ということになります。

それについて、Wikipediaからですが情報を拾ってきました。

The Persian lime is a triploid cross between key lime (Citrus × aurantiifolia) and lemon (Citrus limon)  参照:Wikipedia    Persian lime

 

上によると、Persian lime=タヒチライムは、キーライム(=メキシカンライム)と何らかのレモンの交配種っぽいですね。

キーライムの遺伝子型が二倍体か四倍体かはちょっと調べきれなかったのですが、一般的に四倍体になると果実が大きくなり耐寒性が強くなるとのことなので、寒さに弱く実が小さいキーライム二倍体なのではないかと考えています。

多分キーライムに四倍体のレモン的な柑橘を交雑したんだと思います。

 

植物の三倍体とは

先ほどから話に出てきている〇倍体とは何なのか、超ざっくりした解説に移ります。

植物はじめ生物の体は体細胞で構成されており、その染色体の数は2n個あります。

生殖の際には染色体の数を半分のn個にした精細胞と卵細胞を作り、それらが合体して体細胞となり、成長して体を作ったりするわけです。

ちなみに、ブドウの体細胞の染色体数は38、生殖細胞の染色体数は19になります。

というわけで、体細胞の染色体数は精細胞の数の二倍であるのが通常です。これを二倍体といいます。

 

しかし、世の中には突然変異というものがありまして、体細胞の数が精細胞の四倍あるものが生まれたりします。これを四倍体といいます。四倍体は二倍体よりも葉や実が大きく、耐寒性も強くなります。

この四倍体の個体と二倍体の個体を交雑させると三倍体の個体が生まれることがあります。

三倍体の個体は性成熟をしなくなるようで、種をうまく作ることができません

というわけで、今回買ってきた三倍体のタヒチライムには種がなかったんですね。

三倍体の果実というとブドウの種なし品種なんかも有名ですね。あとはスイカとかバナナとか。

性成熟しないとなると果実の形成にも影響が出るようですが、そこはなんらか工夫をして栽培をしているようです。

 

ちなみに、動物でも三倍体というのは人為的に作られています。下のリンク先では、三倍体のアマゴについて記載されています。

性成熟しないため、通常なら1年で性成熟して成長が止まるところ3年以上成長し続け、おいしい身質のまま巨大化するそうです。

イルカ島へ、ようこそ バイオテクノロジー鋼材 味がよく大きい!3倍体の魚

 

 

これからの栽培

というわけで、近所のスーパーで買えるライムからは種が採れませんでした

しかし…管理人はレモンやライムの柑橘の汁を炭酸で割って飲むのが大好きなのでぜひ家庭で栽培したいところ。

仕方ないので挿し木なので増えた苗を購入するのが無難でしょうかね。

お迎えしたらまた記事にしたいと思います。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました