カシワバアジサイ リトルハニー成長記録|その1 1年目の冬越しと春の芽吹き

スポンサーリンク
成長記録

アジサイは庭木の定番としてよく植えられているのを見るのですが、特におしゃれだな…と思うお庭でよく見かけるのがカシワバアジサイです。

参照:Pixabay

 

カシワバアジサイはアジサイの仲間ですがその趣が少し違います。

葉の表面がザラザラで、葉には切れ込みが入り、普通のアジサイと比べるとなんとなくシックでシャビーな雰囲気を持っています。

カシワバアジサイにも品種がいくつかありまして、その中でも黄金色の葉を持つ「リトルハニー」という品種をお迎えしましたのでその成長を綴ります。

 

成長記録

2021/10/28 お迎えと植え付け

秋も深まってきた10月末、我が家にやってきたリトルハニーがこちら。

リトルハニーは黄金カシワバアジサイと呼ばれ本来は明るいライムイエローの葉色をしていますが、秋の紅葉が始まり葉に赤みがさしています。

 

明るい葉色に濃い目の赤がまだらに入るので結構派手ですね。赤の入り方は寒い冬に頬が赤くなった感じに似ています。

葉の表面は葉脈がくっきりと入り、うっすらと毛が生えてマットな感触です。

 

葉柄もなんとなく赤く染まります。

葉だけでなく幹にも毛のようなものが生えています。幹の所々から枝を出しており大変元気な株です。

 

さて、まだ完全な休眠期ではないかと思いますが、ポット植えのままでは倒れてしょうがないので植え替えをしていきます。

ポットから抜いたところ。根がびっしりでとても良い感じです。

 

適度に根鉢を崩して6号鉢に植え付けました。このまま屋外で冬越しをします。

 

2022/3/11 まだまだ冬の装い

年明けまして3月。真冬の寒風に当たって全体がすっかり紅葉しています。

10月の頃と比べて赤色に黒みがさして銅色になりました。

 

頂点の新芽はまだ開かず。

 

根元からも新芽が出そうですがまだ動かず。

 

2022/4/6 新芽が出てきた

さらにひと月あまり、ついに新芽が動き出しました。

芽を覆っていた膜が割れて、中から毛の生えた新芽が見えます。

 

根元の芽も動いています。株元からも3月には見えていなかった新たな茎が上がってきました。

これは株がモリモリになる予感。

 

木全体はこんな感じ。少し葉の赤色が引いたように思います。

 

2022/4/19 黄金葉が開く

芽が動き始めてから2週間あまり。すっかり葉が開いてきました。

紅葉した葉とのコントラストが美しい。クロトンのようなカラーリングとなりました。

 

リトルハニーの葉は開きたては明るいライムイエロー、その後、明るいライムグリーンに変化していきます。

葉色が鮮烈過ぎて光っているようにも見えます。

 

株元の芽も元気そうです。

 

2022/6/7 花は咲かずモリモリに茂る

季節は初夏になり、リトルハニーはモリモリに茂っています。

カシワバアジサイの花期は春頃なので華が咲くのを心待ちにしていたのですが、葉が茂るばかりで花が咲きませんでした。

昨年の夏の剪定が遅かったか、または株がまだ小さいので咲かなかったのか。何にしろ来年にお預けです。

 

葉色には緑色がさしてきてとても綺麗。葉のフチに茶色がある葉は昨年の葉です。この時期には緑に戻るようです。

モリモリに茂ってはいますが今のところ姿が暴れることもなく。リトルハニーは草丈1mちょっとでコンパクトにまとまる品種とのことで、狭小庭ガーデナーとしては嬉しい限りです。

 

株元からの芽もずいぶんと伸びてボリュームアップに一役買っています。大変生育が旺盛で良いですね。

 

そろそろ日差しも強くなってきたので、葉焼けを防ぐために半日陰で管理を行っていきたいと思います。

 

葉が少々混んでいるので、剪定も兼ねて挿し木をしてみました。

カシワバアジサイを挿し木で増やしてみる※更新中
管理人宅には昨年秋にお迎えしたカシワバアジサイの園芸品種「リトルハニー」がおります。苗を植え替えて半年あまり、株がずいぶんと茂ってきました。 大きく切れ目の入り、ゴワゴワとした質感の葉、大ぶりな花。そしてこの品種は明るいライムイエロー...

 

秋にかけて株を充実させて、来年の花に備えたいと思います。

 

今回はここまでです。次回に続きます。

 

カシワバアジサイ成長記録の記事一覧

カシワバアジサイ リトルハニー成長記録|その1 1年目の冬越しと春の芽吹き

コメント

タイトルとURLをコピーしました